スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次回ぴよぴよは、わらべうた

次回ぴよぴよは、わらべうたです。

10月30日(金)10:30~11:30(その後お弁当タイム12:30まで)
小手指公民館分館 和室2にて

自然に親子の触れ合いができるわらべうた。
スマホがなくても、おもちゃがなくても、待ち時間やお風呂でで子どもと遊べる、
昔から伝わる、子育ての知恵。

もう一回o(^▽^)oってねだられると、うちの子これが好きなんだ~って発見が、また嬉しいもんです(*^_^*)

年齢(月齢)にあったわらべうたは、子どもの成長も促すんですよ。

気軽に遊びに来てね。

お申込みは piyokogu@gmail.com

スポンサーサイト

ライブフェスタ 山小チーム たまっ子座の「和太鼓ワークわく!」

①2015年10月18日(日)
椿峰コミュニティー会館別館 13時~15時
・実行委員6名 ・お手伝いスタッフ 大人2名 こども8名

ライブフェスタ 山小チーム
たまっ子座の「和太鼓ワークわく!」公演に向けて、
実行委員とお手伝いスタッフで、準備会を行いました。

和太鼓ワークわく!!チラシ
和太鼓ワークわくカラーチラシ写真

②山小チーム、公演盛り上げグッズ「手甲」を作成。

実行委員会にて、太鼓経験のある実行委員から「こんなのはどう?太鼓の発表の時にみにつけるんだよ」と
見せてもらった手甲。
さっそく、どうやって取り入れようかともりあがり、みんなでつくろう!
ってことに。
第一回の準備会では、針仕事初体験のこどもたちも一緒に、型に合わせてフェルトを切り取り、
各自でスナップをチクチク縫いつけました。
両手首に手甲をつけようと思うと、スナップは凹凸あわせて8つも縫い付けることに!
でも、思っていた以上にみんな集中。作業に没頭することができていました。
そして、教え合ったり手伝ったり、みんなで一緒に作業をすすめたことで
チームの輪ができてきました。

チクチク作業中
チクチク

手甲できた!
手甲できた!

手甲づくり作業がひと段落した人は、ポスター作りへ。
自分の通う小学校、幼稚園にライブフェスタのポスターを掲示してもらおう!
近所のお店にも持って行こう!
一枚一枚、子どもたちが言葉を書き添えて作っていきました。

ポスターづくり
ポスター準備

次回は11月1日準備会②
看板つくったり、公演当日の係りをきめたりします。

たのしい公演になるようにと、スタッフたちが心をこめて準備をすすめています。
公演への参加お申し込み、おまちしています!
お申し込みは、 所沢こども劇場事務所に 電話、FAXまたはメールで。
(メールの場合は「ライブフェスタ申し込み」と件名を記載しておいてください)

にこにこクラブ「荒幡富士へいこう!遊ぼう!!」

2015年10月4日(日)
にこにこクラブ「荒幡富士へいこう!遊ぼう!!」
スタッフ4名 大人6名 子ども12名
にこにこ荒幡富士2

朝から良いお天気で気分爽快。
今日は、にこにこクラブメンバー初、下山口駅に集合してみんなで移動。
そして、荒幡富士での外活動です。

現地スタッフは、荒幡富士周辺の様子を下見しつつ、のぼりを立ててみんなの到着を待つ。
あとの20名は下山口駅から、6年生をリーダーに、班ごとに並んで20分ほどの距離をみんなで移動。
少々道を間違えながら、そんなこんなで無事に到着しました。

まず、荒幡富士のすそ野にある「いきものふれあいの里センター」にたちより、職員の方から
ここであそぶ時の注意点を聞きました。
「枝の赤い、傘のようにひろがっている葉は漆。かぶれる時もあるからさわらないでね」
「ハチが来ても、ぜったいにうごかないでね。」
大きな写真と、実物大のハチ模型を利用した説明はとってもリアル。
模型をつかって、ブーンとハチがとんできても動かない練習をしました。
にこにこ荒幡富士1

その後、広場に移動し、「のぼりの見える範囲であそびます」と確認。
以前にみんなに聞いた「遊びたいこと」のリストには「ラジオ体操」があったんだけど~。。。と
始まりましたが、
「えーっ、やらないー」「いやだー、やらなくていいー」の意見多数で、取りやめ。
駅から広場まで歩いてきただけで、準備体操は万全だよね。

じゃあ、「けいドロ」からやろうか。
けいドロって、みんな知ってる?どんなルールだったっけ?
気温とともにみんなの体温もあがって、質問、意見が次々でます。
まずは大人が意見をまとめて、ここまでやってきた3班で、5分間勝負を戦うことになりました。
短いようで長い5分間。
そう、体温も上がって気合いが入った子どもたちも、久しぶりのけいドロに興奮する大人も、
本気で逃げて走って捕まえて~捕まえられて牢獄へ。
逃げるのも大変なら、捕まえるのも休む間もなく大変。牢獄が一番のんびり極楽だったかな?

休憩をはさみつつ、さあ次はなにする?
「かくれんぼ」「色おに」いろいろ出たけど、ここからは高学年の子ども達が中心に話をまとめ、「人間狩り」をすることに。
「人間狩り」。。。身の毛もよだつその名前のとおり、2手にわかれてお互いの陣地に相手を容赦なくひっぱりこんでいくゲームです。
やったことのある子ども達の実演をみて、シンプルなルールにはみんな納得。
「腕以外もひっぱっていいの?」「足もひっぱっていいの?」「足蹴りしてもいいの?」「髪もひっぱっていいの?」「抱えて運んでもいいの?」
ゲームに参加しようとする意欲からか、質問もたくさん出ました。
「暴力は、やめようね」という答えに、これもみんな納得。

子どもも大人もいっしょになったチームで、お互いの陣地を決めるあたりから「作戦どうする?」「どこから狙う?」と、自然にチームで声をかけあい、いよいよスタート。
その様子は写真の通り。
子どもと子ども、大人と大人、子どもと大人。。。入り乱れての戦いがくりひろげられました。
にこにこ荒幡富士3

さあ、真剣にたたかった後は気持ちよく、お昼ごはん。
その後、ひとしきりのんびりと過ごしたり、荒幡富士のてっぺんに登って景色をながめたり、ボール遊びやおしゃべりに自由に過ごしました。
帰りはまた、班に分かれて整然と?並んで、集合した時の駅に向かいます。

良いお天気に恵まれ、すがすがしく過ごした休日。
高学年を中心にした異年齢の集団での移動や、自然の中での活動。
そしてそれが安全にできるようにという大人の視線や声かけ。
またひとつ、みんなで経験を重ねることができたなあと感じました。
と同時に、「明日は筋肉痛かなあ、それとも明後日?」と、
大人はちょっと心配になっていたのでした。。。。
にこにこ荒幡富士0




プロフィール

所沢こども劇場blog

Author:所沢こども劇場blog
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。